大宮アルディージャ、コンサドーレ札幌が4強へ名乗り!|第41回全日本少年サッカー大会

u12

2017年12月28日、第41回全日本少年サッカー大会決勝ラウンドの準々決勝2試合が、9時30分キックオフで行われた。

 

鴨池補助競技場ピッチ1 では「リオペードラ加賀FC北海道コンサドーレ札幌」の一戦が行われ、出間思努(11)のハットトリックなどでコンサドーレ札幌が6-1で勝利、準決勝進出を決めた。

 

 

鴨池補助競技場ピッチ2では「西宮SS大宮アルディージャ」の一戦が行われ、前半終了間際にほぼ正面からのフリーキックを種田陽(10)が直接決め大宮が先制。

後半10分に古川大洋(7)のクロスを石川颯(9)が決めて2-0で大宮が勝利、準決勝進出を決めた。

 

 

 

 

 

IMG_2614

 

IMG_2615

[写真]=石塚優士

 

 

■決勝ラウンド準々決勝

リオペードラ加賀FC 1 – 6 コンサドーレ札幌

西宮SS 0 – 2 大宮アルディージャ

 

セレッソ大阪 – 鹿島アントラーズつくば

10:45k/o 鴨池補助競技場ピッチ1

サンフレッチェ広島 – サガン鳥栖

10:45k/o 鴨池補助競技場ピッチ2

 

 

▼関連記事

大宮、リオペードラ、サンフレッチェら8強出揃う!|第41回全日本少年サッカー大会【U-12】

 

オススメ記事

【第39回全日本少年サッカー大会神奈川県大会 3回戦】東台真鶴FC vs SSTP湘南サッカークラブ

【第39回全日本少年サッカー大会神奈川県大会 3回戦】東台真鶴FC vs SSTP湘南サッカークラブ

【11.22 第39回全日本少年サッカー大会神奈川県大会 3回戦 東台真鶴FC 3 – 5 SSTP湘南サッカークラブ 大和ゆとりの森大規模多目的スポーツ広場B】 第39回全日本少年サッカー大会神奈川県大会 3回戦が行われ、SSTP湘南サッカークラブが東台真鶴に5-3で勝利し、4回戦進出...

u12