大阪で開幕!|U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ

u12

2018年8月23日、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2018OFA万博フットボールセンターにて開幕した。

 

大会初日のこの日は、予選が行われたものの、台風の接近により一部の試合日程が翌日に持ち越しとなった。

 

バーモントカップで、フットサル日本一に輝いた大阪市ジュネッスFCは、Cブロックの初戦でFC大泉学園と対戦した。

後半に、松崎龍之介(33が決めた一点を守り抜き、1-0と勝利し、Cグループ首位に立っている。

 

サンフレッチェ広島F.Cジュニアは、Aブロック初戦で、SOLTILO WORLD SELECTと対戦した。

キャプテン高橋怜生(6)FKでの先制点を皮切りに、5-1と大量得点で勝利を収め、Aグループ首位に立っている。

 

(取材・文 石塚優士)

 

 

 

 

[写真]=石塚優士

 

 

サンフレッチェ広島F.Cジュニアキャプテン・高橋怜生(6)選手のコメント

――1試合目を勝利していかがですか。

相手が強いとみんなが言っていたので、絶対勝ってやるという気持ちでやりました。

――FKから先制点を挙げましたが。

いや、あれ、ちょっと僕のミスで、風を一応考えて狙っていたんですけど、芝を蹴ってしまって、ちょっとブレたんですけど、あの後ちょっと上手くいかなかったので悔しがっていて後ろを向いて、なぜかみんなが喜んでいたから、何かなと、思って振り向いたら入っていました。

――チームの状態はどうですか。

みんながすごく団結して、チームの粘り強さというか、チームのポイント……サンフレッチェのプロと同じようなサッカーをして来ているから、粘り強さはどこよりもいいと思います。

――キャプテンとして心がけていることはありますか。

みんなのお手本になるような粘り強さを出していきたいと思っています。

――昨年度、全日本少年サッカー大会ではGKとして出場していたが、本来のポジションである左サイドバックでプレーしたいと話していた。念願かなってどうか。

いい感じだと思います。ミドルシュートや、強いロングキックのようなシュートとか、サイドチェンジのロングキックとか、縦パスの精度とか、体の強さとかは得意です。

――これからの目標は。

今大会は、絶対優勝するってみんなで目標を掲げているので、絶対優勝したいと思います。優勝もして、MIT賞ももらって、自分がこれからキャプテンとしてお手本になるようなプレーをずっと心がけていきたいです。

 

オススメ記事

◆決勝はリトルジャンボvsマリノスプライマリー◆ 2013年度 第37回全日本少年サッカー大会神奈川県大会 中央大会

◆決勝はリトルジャンボvsマリノスプライマリー◆ 2013年度 第37回全日本少年サッカー大会神奈川県大会 中央大会

2013年6月9日、2013年度第37回全日本少年サッカー大会神奈川大会中央大会の準々決勝、準決勝が横浜みなとみらマリノスタウンで行われ、リトルジャンボSCと横浜F・マリノスプライマリーが決勝進出を決めた。 6月16日、全国行きの切符をかけた一戦が横浜マリノスタウンで行われる。 &nbs...

u12