決勝カードはサンフレッチェ広島対セレッソ大阪!|日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会

u15

2018年8月23日、第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会の準決勝が北海道帯広市の帯広の森球技場で行われ、決勝へ進出する2チームが出そろった。

 

横浜F・マリノスジュニアユース対サンフレッチェ広島F.Cジュニアユースの一戦は前半26分、サンフレッチェ広島がFW島津大輝(18)のゴールで先制する。

その2分後にマリノスはMF山根陸(10)のクロスにDF諏訪間幸成(3)が頭で合わせすぐさま同点にする。

その後はお互いゴールを譲らずまま延長に突入すると延長後半アディショナルタイム広島はMF光廣健利(9)のCKを最後はDF寺岡潤一郎(5)が押し込み、ラストワンプレーで広島が決勝ゴールを奪いファイナルへ進出した。

 

準決勝もう1試合、北海道コンサドーレ札幌U-15対セレッソ大阪U-15の一戦は前半13分、セレッソのFW木原励(7)のゴールで先制すると、後半はFW小河詩朋(10)とFW下川陽輝(9)のゴールで3-0と地元札幌に快勝し明日の決勝へと駒を進めた。

 

決勝は明日の11時に帯広の森陸上競技場で行われる。

 

(取材・文 Ryosuke.Sata)

 

 

 

 

 

 

 

[写真]=Ryosuke.Sata

 

オススメ記事