決勝戦は桐光学園と山梨学院が激突!||全国高校サッカーインターハイ

u18

2018年8月12日、平成30年度全国高校サッカーインターハイ(総体)準決勝が三重県内の各会場で行われ、決勝へ進出する2校が決まった。

 

神奈川県第2代表の桐光学園は埼玉県代表の昌平高校と対戦。

後半5分、桐光学園はショートコーナーからDF内田拓寿(4)が頭で決めて先制する。

さらに2分後の後半7分、DF金子開研(3)の縦パスから西川がドリブルで相手を振り切り左足でゴールを決める。

勢いに乗る桐光学園はその3分後の後半10分に右CK西川からのボールをDF望月駿介(5)がドンピシャヘッドを決めて5分間で3得点を奪い勝利を大きく手繰り寄せる。

 

ところが後半12分、雷のため試合は4時間半もの間中断する。

16時半に試合は再開されると、ここから昌平が反撃を開始する。

後半20分、森田翔(11)、後半アディショナルタイムにMF須藤直輝(10)が決めて1点差に詰め寄るが、ゴール直後に試合終了の笛が鳴る。

中断を挟み試合が終了したのは17時20分。6時間20分にも及ぶ長い1試合を制したのは桐光学園。

昌平は終盤の猛攻も及ばず、ベスト4で散った。

桐光学園の西川は1ゴール2アシストの活躍でチームを決勝進出へと導いた。

 

準決勝もう1試合の山梨学院対東山はPK戦の末、山梨学院が勝利。

決勝はお互い初優勝を懸けて明日行われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[写真]=Ryosuke.Sata

 

 

■試合結果

準決勝

桐光学園(神奈川) 3 – 2 昌平(埼玉)

山梨学院(山梨)1 – 1(3PK1)東山(京都)

オススメ記事

28日は駒沢第2、29日は東久留米総合G・実践高尾Gで準々決勝開催|平成29年度全国高校サッカー選手権大会東京都大会2次予選

28日は駒沢第2、29日は東久留米総合G・実践高尾Gで準々決勝開催|平成29年度全国高校サッカー選手権大会東京都大会2次予選

2017年10月28日・29日、平成29年度第96回全国高等学校サッカー選手権大会東京都大会2次予選ブロック準々決勝8試合が行われる。   28日は駒沢第2球技場、29日は都立東久留米総合グラウンド、実践学園高尾グラウンドの2会場で行われる。   以下、準...

u18