【Pick up】福井大次郎のファインセーブで横浜F・マリノスがフロンターレとのPK戦制し神奈川の頂点に!

u12

2018年2月18日、日産CUP争奪第44回神奈川県少年サッカー選手権大会高学年の部中央大会の3位決定戦、決勝戦が行われた。

 

決勝戦「川崎フロンターレU12横浜F・マリノスプライマリー」の一戦は、横浜F・マリノスが何度も決定機を作り出すが、川崎フロンターレのGK菊池悠斗(33)の好セーブもあり、得点を奪うことができない。

 

前後半、延長戦も両チームとも得点を奪うことはできないまま、試合はPK戦へと突入する。

PK戦に入り、横浜F・マリノスはGK福井大次郎(1)が、川崎フロンターレの一人目のキックを読み切り、見事なセービングを見せる。

3人がしっかりとPKを成功させた横浜F・マリノスがそのまま勝利を収め、高学年の部の頂点に立った。

 

 

 

 

 

2018nissankou (24)

 

2018nissankou (27)

 

2018nissankou (17)

 

2018nissankou (15)

[写真]=石塚優士

 

 

キャプテン齋藤俊輔(5)選手

――決勝戦を振り返って

決定機が作れた中で、自分たちがもっと早く点を取って……三点ぐらい取れていたと思うんで、そこを決めていればもっと楽に戦えたと思います。

――川崎フロンターレは全少準決勝で負けた相手だったが

フロンターレとは結構やってきて、ずっと勝っていたわけじゃなかったんで、今回、PKだったけど勝ててよかったです。

――横浜F・マリノスプライマリーはどんなチームだったか。

このチームは最後までやり切った仲間。前のフロンターレ戦(全少準決勝)とかも、負けちゃったけど、みんなで最後までやろうという気持ちがあったから、この試合につながったと思います。

――中学生での目標は

マリノスでこのままやっていたら多分もうこの先通用しなくなると思うんで、そこをもっとしっかりやって、相手にはできないけどしっかりやって、自分が上に行けるよう頑張りたいです。

――将来の夢は

早めに一個上の代に上がって、そこでもスタメン取れるようにやって、少しでも代表に入っていけるような選手になっていきたいです。

 

GK・福井大次郎(1)選手

――決勝戦を振り返って

PK戦の前までは、あんまり内容がよくなかったから、PK戦ではちゃんとここで勝ち切ろうと思っていました。

――川崎フロンターレは全少準決勝で負けた相手だったが

自分はその前から怪我をちょっと抱えていて、あの試合は何とか出たんですけど、プレーできなくて……(前半途中で負傷交代)。

それで今日この舞台で、ちゃんと前回の分やり切ろうと思っていました。

――PK戦で一本目を止めた。完全に読み切ったのか

はい。相手は県トレセンとかでも関東代表でも同じで、お互い相手のプレースタイルとかは大体知っていて、入るときの助走もちゃんと見て跳んで、来るかなぁって若干不安だったんですけど、止められて結果よかったです。

――横浜F・マリノスプライマリーはどんなチームだったか。

全体的に仲が良くて、協力というかサインプレーとかはあまり使わなかったんですけど、自分たちの大きな特徴というのはあまりなくて、場合に合わせて対応できるというのが自分たちの持ち味だったんで、その状況対応が他のチームより優れているんじゃないかと思いました。

――中学生での目標は

ちゃんと自分としてその土台を作って、スタメン取ってから、飛び級とか、どんどん代表とか狙ってどんどん活躍していきたいです。

――将来の夢は

夢を与えられるような……夢を与えて、もっとあいつみたいになりたいなって憧れの選手になれるように、世界で通用できるようにこれからも努力したいと思います。

 

PK戦で最後のゴールを決めた山上大智(12)選手

――決勝戦を振り返って

前半はあんまりシュートが打てなくて、後半にとにかくシュートを打とうって言っていました。何度か決定機は作れて、最後まで優勝優勝ってみんな言っていたんで、勝ち切れたと思います。

――川崎フロンターレは全少準決勝で負けた相手だったが

この前負けて、みんながっかりしていたので。次は、県大会は……ってみんな思っていて、まずこの決勝に行くって考えていました。卒団する前に、最後は優勝して終わろうって僕自身もすごく思っていたので頑張れたのかなと思います。

――横浜F・マリノスプライマリーはどんなチームだったか。

プライマリーは非常にみんな明るくて、負けたら最初は悔しいと思うんですけど、すぐ切り替えられるところがプライマリーだと思います。

――中学生での目標は

争いは激しいと思うので、できるだけ試合に絡んで、得点に絡んで、できたら毎試合点が取れるようなプレーをして、代表を狙って、頑張れば飛び級とかもあると思うので、そこを目指して頑張りたいと思います。

――将来の夢は

僕はこのマリノスで、できたらユース、トップチームと一筋で行きたいんですけど、挫折とかで落ちる可能性もあると思うので、まずはスタメンを取る、点を取るという所をベースにして、積み重ねが多分必要だと思うんで、簡単じゃないですけど頑張っていきたいと思います。

 

 

■決勝戦

川崎フロンターレ 0 – 0(1PK3)横浜F・マリノス

PK戦

横浜F・マリノス ○○○

川崎フロンターレ ×○

 

■3位決定戦

あざみ野FC 1 – 4 JFC FUTURO

 

2018nissankou (10)

 

2018nissankou (4)

 

 

(取材・文 石塚優士)

オススメ記事

◆9月13日に開幕!!◆ 東日本大震災復興支援 第18回国際交流サッカー大会U-12前橋市長杯 予選リーグ組合せ&大会概要

◆9月13日に開幕!!◆ 東日本大震災復興支援 第18回国際交流サッカー大会U-12前橋市長杯 予選リーグ組合せ&大会概要

2014年9月13日に群馬県で開幕する、東日本大震災復興支援第18回国際交流サッカー大会U-12前橋市長杯の予選リーグ組合せと大会概要が発表されました!!   海外からもチームを招待し、毎年ハイレベルな戦いが繰り広げられている今大会。   神奈川県からは横...

u12