【Pick up】途中出場加藤のAT弾で日本代表がチェコ代表に劇的勝利

other

2017年8月13日、SBSカップ国際ユースサッカーの第3節「U-18日本代表 vs U-18チェコ代表」の一戦が草薙総合陸上競技場で行われた。

 

U-18日本代表は2連敗を喫して迎えた最終節、1勝を目指しU-18日本代表は序盤から攻勢に出ると前半19分、右サイドを抜け出したFW原大智(11・FC東京U-18)のセンタリングをMF田中陸(8・柏レイソルU-18)が落ち着いて決めて先制する。

 

後半に入っても攻撃の手を緩めない日本代表は、掘研太(13・横浜FMユース)のシュートなどで追加点を狙いに行くが、なかなか枠を捉えられず追加点を奪えない。

 

そんな中逆に後半33分、チェコ代表FWホニグ・ミハエル(18・スラビア・プラハ)に同点弾を決められ試合が振り出しに戻る。

 

しかし、このままPK戦突入かと思われた後半アディショナルタイム、右サイドを深くえぐったキャプテン石原広教(3・湘南ベルマーレ)のクロスを途中出場の加藤拓己(9・山梨学院高校)が見事なダイビングヘッドで叩き込み劇的な勝ち越し点を奪う。

 

試合はこのまま2-1で終了し、U-18日本代表は最終節を見事勝利で飾った。

 

 

 

 

 

IMG-40

 

IMG-4

 

IMG-5

 

IMG-6

 

IMG-9

 

IMG-12

 

IMG-17

 

IMG-18

 

IMG-25

 

IMG-29

 

IMG-33

 

IMG-38

 

IMG-39

 

IMG-44

[写真]=Ryosuke.Sata

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<2017 SBSカップ国際ユースサッカー #3>

U-18日本代表

2 – 1

U-18チェコ代表

 

得点:

18分 田中陸(8) U-18日本代表

73分 ミハエル(18) U-18チェコ代表

80+3分 加藤拓己(9) U-18日本代表

 

 

▼関連記事

U-18チリ代表が全勝で栄冠に|2017 SBSカップ国際ユースサッカー【OTHER】

 

オススメ記事