全日本少年サッカー大会はセンアーノ神戸が初優勝!マリノスは準優勝

u12

2016年12月29日、第40回全日本少年サッカー大会は最終日を迎え、神奈川県代表の横浜F・マリノスプライマリーと兵庫県代表のセンアーノ神戸の決勝戦が行われた。

 

試合は前半15分、小幡季生(6)がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。

キッカーであるキャプテン・和田 健士朗(3)が「出来るだけ気持ちを落ち着けて蹴った」というボールはゴール右に決まりセンアーノ神戸が先制。直後の前半17分には清水楓之介(9)が追加点を決め2-0で前半を終えた。

 

後半に入ると横浜F・マリノスのキャプテン・松村晃助(8)が後半6分に1点を返し反撃に出るも、同点ゴールが生まれには至らず、このまま2-1で終了のホイッスルを迎えセンアーノ神戸が勝利を手にした。

 

センアーノ神戸・大木宏之監督が「しんどい40分間だった」と語る通り、合計21本(神戸11本、横浜10本)のシュートが飛び交う乱打戦となったが、前半2得点をあげたセンアーノ神戸が守りきり見事日本一に輝いた。

 

センアーノ神戸は今夏行われたフットサル日本一を決める「バーモントカップ」も制しており、フットサル、サッカーの2冠を達成した。

 

 

 

 

dsc_0092

(準優勝に輝いたマリノス松村晃助[写真]=鈴木蹴一)

 

 

■決勝

横浜F・マリノス 1 – 2 センアーノ神戸

 

■準決勝

横浜F・マリノス 3 – 2 ディアブロッサ高田FC

府中新町FC 0 – 3 センアーノ神戸

 

■準々決勝

横浜F・マリノス 5 – 1 ヴァンフォーレ甲府

鹿島アントラーズ 2 – 3 ディアブロッサ高田FC

府中新町FC 1 – 0 新座片山フォレティシモ

センアーノ神戸 1 – 0 北海道コンサドーレ札幌

 

■ラウンド16

サンフレッチェ広島 0 – 1 横浜F・マリノス

ヴァンフォーレ甲府 0 – 0(12PK11)BUFDDY・FC

京都長岡京SS 0 – 2 鹿島アントラーズ

戸塚FC 0 – 1 ディアブロッサ高田FC

鳥取KFC 0 – 1 府中新町FC

ガンバ大阪 1 – 1(2 PK 3)新座片山フォレティシモ

FCレスター 0 – 6 センアーノ神戸

サガン鳥栖 0 – 2 北海道コンサドーレ札幌

 

 

■1次ラウンド

 

グループA

ガンバ大阪 2勝1敗 勝点6 得失点差3 1位

東海スポーツ 2勝1敗 勝点6 得失点差2 2位

レノファ山口FC 1勝2敗 勝点3 得失点差▲2 3位

東陽FC 1勝2敗 勝点3 得失点差▲3 4位

 

グループB

京都長岡京SS 3勝 勝点9 得失点差14 1位

レノヴェンスオガサFC 1勝1分1敗 勝点4 得失点差▲1 2位

平章SSS 2分1敗 勝点2 得失点差▲9 3位

比屋根FC 1分2敗 勝点1 得失点差▲4 4位

 

グループC

サンフレッチェ広島 2勝1分 勝点7 得失点差2 1位

松本山雅FC 2勝1敗 勝点6 得失点差2 2位

石井FC 1勝2敗 勝点3 得失点差▲1 3位

カルチャトーレ 1分2敗 勝点1 得失点▲3 4位

 

グループD

鹿島アントラーズ 2勝1分 勝点7 得失点差7 1位

コンサドーレ札幌 2勝1分 勝点7 得失点差4 2位

アルビレックス新潟 1勝2敗 勝点3 得失点差▲2 3位

エストレージャスFC 3敗 勝点0 得失点差▲9 4位

 

グループE

センアーノ神戸 2勝1分 勝点7 得失点差13 1位

新座片山フォレティシモ 2勝1分 勝点7 得失点差7 2位

スポルティフ秋田 1勝2敗 勝点3 得失点差▲10 3位

屋島FC 3敗 勝点0 得失点差▲10 4位

 

グループF

鳥取KFC 2勝1分 勝点7 得失点差3 1位

ファナティコス 1勝1分1敗 勝点4 得失点差0 2位

和歌山ヴィーヴォまつえ 1勝1分1敗 勝点4 得失点差0 3位

JFCレインボー長崎 1分2敗 勝点1 得失点差▲3 4位

 

グループG

ヴァンフォーレ甲府 2勝1敗 勝点6 得失点差10 1位

ディアブロッサ高田FC 2勝1敗 勝点6 得失点差7 2位

ソレッソ熊本 2勝1敗 勝点6 得失点差6 3位

Jフィールド岡山 3敗 勝点0 得失点差▲23 4位

 

グループH

サガン鳥栖 3勝 勝点9 得失点差25 1位

青森FC 2勝1敗 勝点6 得失点差5 2位

ヴェルフェたかはら那須 1勝2敗 勝点3 得失点差▲4 3位

大門少年SC 3敗 勝点0 得失点差▲26 4位

 

グループI

FCレスター 2勝1分 勝点7 得失点差10 1位

トリプレッタSC 1勝2分 勝点5 得失点差6 2位

大社SSC 1勝1分1敗 勝点4 得失点差7 3位

大篠SSS 3敗 勝点0 得失点差▲23 4位

 

グループJ

横浜F・マリノス 3勝 勝点9 得失点差9 1位

入江SSS 2勝1敗 勝点6 得失点差5 2位

太陽SC宮崎南 1勝2敗 勝点3 得失点差▲2 3位

最上UNITED.FC 3敗 勝点0 得失点差▲12 4位

 

グループK

戸塚FC 2勝1分 勝点7 得失点差5 1位

BUDDY・FC 2勝1分 勝点7 得失点差4 2位

ベガルタ仙台 1分2敗 勝点1 得失点差▲4 3位

FC Livent 1分2敗 勝点1 得失点差▲5 4位

 

グループL

府中新町FC 3勝 勝点9 得失点差5 1位

ラピド名張FC 2勝1敗 勝点3 得失点差1 2位

亀山SSS 1勝2敗 勝点3 得失点差▲1 3位

テイヘンズFC金沢 3敗 勝点0 得失点差▲5 4位

 

 

▼関連記事

1次ラウンド組合せ決定!第40回全日本少年サッカー大会【U-12】

48代表が決定! 全日本少年サッカー大会【U-12】

マリノスが松田の活躍でバディーとの激戦制す! サッカー全少神奈川県予選【U-12】

 

 

オススメ記事

◆リバーFCはB、あざみ野FCはC、フロンターレはGブロック!◆ 平成26年 第38回関東少年サッカー大会 予選リーグ試合日程

◆リバーFCはB、あざみ野FCはC、フロンターレはGブロック!◆ 平成26年 第38回関東少年サッカー大会 予選リーグ試合日程

2014年8月23日に開幕する平成26年 第38回関東少年サッカー大会の試合日程をご紹介します!!   神奈川県代表のリバーフットボールクラブはBブロック、あざみ野FCはCブロック、川崎フロンターレU-12はGブロックで予選突破を狙います。   予選リーグ会場は、朝日サッ...

u12
◆多摩区FC U-12がベスト8に!!◆ バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会 2日目結果

◆多摩区FC U-12がベスト8に!!◆ バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会 2日目結果

2015年1月5日、バーモントカップ 第24回全日本少年フットサル大会はラウンド16を終え、ベスト8進出の8チームが決定しました!   ベスト8進出チームは、マルバ千葉fc U-12、田宮ビクトリーサッカー少年団、ブリンカールFC、江南南サッカー少年団、ピヴォ、鹿島アントラーズ...

u12