1次ラウンド組合せ決定!第40回全日本少年サッカー大会

u12

2016年12月5日、第40回全日本少年サッカー大会の1次ラウンド組合せが決定した。

 

前回大会優勝県の埼玉県からは戸塚FC新座片山フォレティシモの2チームが出場。

それぞれグループK、グループEで1次ラウンドを戦う。

 

dsc_0503

(神奈川県代表の横浜F・マリノス[写真]=鈴木蹴一)

 

 

2年連続9回目の出場となる神奈川県代表の横浜F・マリノスプライマリーは、太陽SC宮崎南入江SSS最上UNITED.FCと同組のグループJとなった。

 

以下、1次ラウンド組合せ一覧。

 

 

■グループA

東海スポーツ(愛知県 6年ぶり3回目)

東陽FC(大分県 初出場)

レノファ山口FC(山口県 2年連続4回目)

ガンバ大阪(大阪府 初出場)

 

■グループB

比屋根FC(沖縄県 初出場)

平章SSS(福井県 3年連続6回目)

レノヴェンスオガサFC(岩手県 初出場)

京都長岡京SS(京都府 12年ぶり3回目)

 

■グループC

石井FC(徳島県 初出場)

松本山雅FC(長野県 2年連続2回目)

サンフレッチェ広島(広島県 2年ぶり6回目)

カルチャトーレ(鹿児島県 初出場)

 

■グループD

コンサドーレ札幌(北海道 3年ぶり6回目)

アルビレックス新潟(新潟県 4年ぶり4回目)

エストレージャスFC(福島県 2年連続2回目)

鹿島アントラーズ(茨城県 5年連続13回目)

 

■グループE

屋島FC(香川県 5年ぶり2回目)

センアーノ神戸(兵庫県 12年ぶり2回目)

新座片山フォレティシモ(4年ぶり9回目)

スポルティフ秋田(秋田県 2年連続6回目)

 

■グループF

鳥取KFC(鳥取県 3年ぶり2回目)

ファナティコス(群馬県 9年連続9回目)

和歌山ヴィーヴォまつえ(和歌山県 初出場)

JFCレインボー長崎(長崎県 5年ぶり5回目)

 

■グループG

Jフィールド岡山(岡山県 初出場)

ソレッソ熊本(熊本県 2年連続6回目)

ディアブロッサ高田FC(奈良県 3年ぶり15回目)

ヴァンフォーレ甲府(山梨県 2年ぶり3回目)

 

■グループH

大門少年SC(富山県 初出場)

青森FC(青森県 4年ぶり5回目)

サガン鳥栖(佐賀県 5年連続7回目)

ヴェルフェたかはら那須(栃木県 2年連続2回目)

 

■グループI

大社SSC(島根県 3年ぶり6回目)

FCレスター(岐阜県 初出場)

大篠SSS(高知県 初出場)

トリプレッタSC(千葉県 初出場)

 

■グループJ

横浜F・マリノス(神奈川県 2年連続9回目)

太陽SC宮崎南(宮崎県 初出場)

入江SSS(静岡県 初出場)

最上UNITED.FC(山形県 初出場)

 

■グループK

戸塚FC(埼玉県 初出場)

BUDDY・FC(福岡県 2年ぶり3回目)

ベガルタ仙台(宮城県 3年ぶり8回目)

FC Livent(愛媛県 初出場)

 

■グループL

テイヘンズFC金沢(石川県 3年ぶり3回目)

ラピド名張FC(三重県 初出場)

亀山SSS(滋賀県 初出場)

府中新町FC(東京都 初出場)

 

 

▼関連記事

48代表が決定! 全日本少年サッカー大会【U-12】

マリノスが松田の活躍でバディーとの激戦制す! サッカー全少神奈川県予選【U-12】

 

オススメ記事

日産カップ 第42回神奈川県少年サッカー選手権大会高学年の部 準々決勝・準決勝結果

日産カップ 第42回神奈川県少年サッカー選手権大会高学年の部 準々決勝・準決勝結果

2016年2月11日、日産カップ争奪第42回神奈川県少年サッカー選手権大会高学年の部中央大会の準々決勝・準決勝が行われ、決勝進出の2チームが決定しました! 決勝に進出したのは、準決勝で川崎フロンターレU-12を敗ったバディーサッカークラブと、マリノスプライマリーとのマリノスダービーを制した横浜...

u12