湘南が前橋JYとのPK戦制す 高円宮杯U-15サッカー関東大会

u15

2016年11月12日、高円宮杯第28回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会決勝ラウンド準決勝、前橋ジュニアユース湘南ベルマーレの一戦が南豊ヶ丘フットボールフィールドで行われ、先日行われたU-16日本代表候補に選出されたGK高山汐生(1)のPKストップで湘南ベルマーレが6対5でPK戦を制し、ブロック決勝へ駒を進めた。

 

試合が動いたのは前半25分、前橋ジュニアユースの若月大和(9)が 先制点を決める。しかし、後半開始早々、湘南ベルマーレの石黒友毅(13)が同点ゴールを決め試合を振り出しに戻す。このまま延長前後半を終了するも決着がつかずPK戦に。

 

PK戦は、お互い5人ずつ成功させサドンデスにもつれ込むと、前橋ジュニアユース7人目のPKをGK高山がビックセーブで防ぎ、湘南ベルマーレに勝利を呼び込んだ。

 

この結果、湘南ベルマーレはブロック決勝へ進出。全国大会出場へ王手をかけた。

 

 

 

 

dsc_1775

 

dsc_1805

 

dsc_0771

 

dsc_0854

 

dsc_0006

 

dsc_0018

[写真]=鈴木蹴一

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<高円宮杯第28回全日本ユース(U-15)サッカー選手権関東大会 決勝ラウンド準決勝 11/12>

 

前橋ジュニアユース

1 – 1(5 PK 6)

湘南ベルマーレ

 

■得点

前半25分 若月大和(9) 前橋ジュニアユース

後半1分 石黒友毅(13) 湘南ベルマーレ

 

 

▼関連記事

大豆戸が新井、高嶋、布施の3発で準決勝へ・・・高円宮杯関東大会決勝ラウンド2回戦【U-15】

 

 

オススメ記事